RIDE OR DIE

X973 STAFF BLOG

*

【Bramby Design × 73R】バルセロナ在住のデザイナー”ブランビー”が日本来日!

   

2014年より新たな世界観を見せてくれる存在の1人として73Rデザイナーに加わった、アルゼンチン出身のデザイナーFernando Brambillia (ブランビー)。今回の日本に来る大きな目的は、73R ボス ”AJ” と新たなデザインを創るということ。

Bramby (ブランビー)という名のデザイナー

ハットにシャツ、ショーツかデニムにスタンスのソックス、VANS、そして目を引くタトゥー。これがBrambyのスタイル。アートに精通した家族のもとで育ち、10代前半からデザインにたずさわってきた。その作品のベースにはスケートやサーフィン、音楽などのカルチャーが常にある。
80年代、まだまだスケーターやサーファーが少なかった頃から、周囲には「crazyだ!」と言われながらも、ずっとそのカルチャーの中にどっぷり身を置いてきた。これまでにはアメリカやヨーロッパをはじめ、各国のスケート、サーフィン、モーターカルチャーシーンにおいて、彼のデザインは高く評価されてきた。ここに彼が手がけてきた有名ブランドを全て書き並べることが契約上できないが、多くのスケーターやサーファーたちが愛用しているブランドであることだけは間違いない。

2014年からスタートした73Rの人気デザイン

2年前のBramby Designの販売前より、すでに日本でも彼の名を知っているコアなファンは少なくなかった。瞬く間に73Rを愛用いただくお客様の人気シリーズとなり、毎期ごとに新たなデザインワークに取り組んでくれている。新作デザインのクルーネックボディには、イーグル、アンカー、パンサーのデザインを落とし込み、販売当初からBramby Designの新作を心待ちにしてくれているファンも多く存在している。

AJとの仕事は面白い。だから73Rのデザインは必ず良いものを創る

現在では、ヨーロッパのトラディショナルなアートとカルチャーを伝える「BRAMBY SUPPLY CO.」を設立し、デニム、金細工、革細工などのカスタムアイテムを製作している。バルセロナを拠点に展開しているオリジナルブランドがハードワークだという人気デザイナーでもある彼が、今回の日本で必ず会う!と言った日本のデザイナーは奈良英司 (AJ)。

背中にデザインされるロゴは2人の絆をつなぐデザイン

各国をトリップし、自身の感性でその時々の流行りとブレないカリフォルニアスタイルをデザインに落とし込むデザイナーAJ。スケート、サーフィン、タトゥーという共通の愛するものが、国を超えて2人の感性を刺激し合って生まれるデザイン。それがBramby Designのコレクション。ミーティングの最後にBrambyは、「これからも日本のブランドの代表として僕は73Rのデザインを作り続けるよ。AJの仕事なら喜んでやるよ。」と、笑顔で話してくれました。

ハットのスカルはバルセロナ、ヒゲのスカルは東京。2人の絆のロゴマークを身にまとって、沢山の仲間たちを交えてのミーティングはAJの中で、とっても貴重な時間だったと話してくれました。
「ずっと会いたかったし、目を見れば伝えたいことって明確にわかるね。メールや通訳を通して、イメージを伝えたり話してきた今までとはもちろん違う。会えて話せて良かったよ。ハットのおじさんとヒゲのおじさん、次のデザインのミーティングも出来たし楽しみだな!俺ら2人がね(笑)。」

沢山の73RクルーがBrambyに会いにX973ショップへ

SNSで繋がっていられる時代。AJだけじゃなく、僕たち73Rスタッフ、周りでサポートしてくれる仲間とも、仲良くコメントをくれる気さくなBramby。そんな彼が来日すると聞きつけて、X973ショップには、沢山のメンバーが集まりました。

Brambyがワッペンデザインした15周年記念限定スタジアムジャケット

AJがその日、着ていたアウターをすごくカッコ良いねと気に入ってくれたBramby。このスタジアムジャケットのブルドッグワッペンはBrambyがデザインしたもの。もちろんプレゼントするよと、仲良く2人でお揃いのスタジアムジャケットでお店を出て行きました。
Brambyの来日でSNSも盛り上がりを見せ再度、店頭に残りわずかとなる、このスタジアムジャケットを見に来るお客様が圧倒的に増えたのも、Brambyという名高いデザイナーの証。

Bramby Designアイテムとともに、こちらのスタジアムジャケットも、改めてご覧いただけたらと思います。
2人のデザイナーが作り出す来年のデザインを心待ちにしながら、僕たちスタッフも73Rというブランドがさらにワールドワイドなブランドになっていくことを間近で感じることができた1日。
Gracias Bramby!

BRAMBY DESIGN CREW NECK 16AW

15TH ANNIVERSARY JKT

 - ファッション , , , , , , , , ,

2018 73R Tシャツコレクション

2018 73R しげティ

73Rストア


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

BLUCOボディを使用したベスト&サーマル

日本が誇るワークブランドBLUCOボディを使用した73R新作アイテムのご紹介です。

春にむけた準備

2015スプリングコレクションから新作アイテムが続々リリース!
15周年記念デザインをプリントしたTシャツ、クルーネックが大変好評です!

2016モデル サーフ&タウンユースなボードショーツ

73Rのボードショーツはタウンユースな着こなしにも対応する2WAY仕様ですので、シャツや薄手のパーカーと合わせた今時季の着こなしもOK!!

スウェット×ニット 完成度の高い大人のフォーマルなスタイル!

冬のファッションと言えば、ニットと言えるぐらい代表的なアイテム!ニット×スウェットのコンビネーションは、ゴワつかず、春まで楽しめるのもオススメ!ここではオススメのポイントと着こなしをご紹介します!

2015 SPRING & SUMMER STYLEBOOK

独自の世界感で表現するフォトグラファー高波邦行による撮影!
73R 2015 SPRING & SUMMER COLLECTIONのスタイルブックが無料配布をスタート!

HALO x 73R iPhoneカバー

73Rでは好評なUSA柄と、カモフラ柄の2種類。
お馴染みの事ながらハンドメイドの温もりにこだわった、HALOとのリレーションシップにより出来上がった一押しのアイテム

73R AJ
73R BOSS AJ is HIGE Vol.1

『RIDE OR DIE』X973 BLOG。なかなかBlogという場所で俺の話すことなんてみんな興味あるのかな?気が向いたら見に来てくれたらありがたいっす。

人気のスタジャン 73R CREW スナップ

さて、前回のブログでも書かせて頂いた「15周年記念スタジャン」が多くの反響があり、
電話問い合わせや、オンラインショップからのオーダーが殺到しました。

2015 Spring & Summer

73Rでは来週行う展示会にて来季の春夏物の新作を発表します!
春夏リリース予定のサンプルを少しフライングでお見せしたいと思います!

ミリタリーシャツ
2018年春のメンズファッション!ミリタリーシャツを着こなす!

厚手の丈夫な生地を使用して作られるヴィンテージライクなミリタリーシャツ。73Rスタッフがこぞって着用を始めた春に着る男のミリタリーコーデの着こなしをご紹介します。